トンネルを抜けると・・・

お知らせ 全学年 2019.06.06

 トンネルを抜けると、そこは雪国だった。

 川端康成さんの有名な小説の冒頭です。

 

 中央小学校にもトンネルがあります。

 短いけれども、なかなか素敵なトンネルで、子どもたちには絶大の人気を誇っている場所です。

 私もくぐってみましたが、結構楽しい!!

 

 

 子どもも大人も、様々なトンネルに迷いこみます。

  友人関係というトンネル…

  学習というトンネル…

  子育てというトンネル…

 

 たくさんのトンネルをくぐりながら、自分磨きをしています。

 トンネルは、 "長い" "短い" の差はあれ、必ず "出口" があります。

 楽しいトンネルならいいけれど、苦しいトンネルにはあまり入りたいものではありませんよね。

 でも大丈夫。

 トンネルにはちゃんと出口がありますから。